巴里だより、セーヌ川を渡る

hatokayo.exblog.jp ブログトップ

ブランジェリー  "boulangerie" パン屋さん

パンにうるさいお父さん。パンの為なら車でどこへでも買いに行く人なのです。今日もジュリアンへ、、、。行く途中に、昔は巴里で一番美味しいバゲットと言われ、アメリカ人が書いた本のおかげで一世風靡した『プージュラン " Poujauran"』というパン屋の前を通る。今は経営者も変わり、『セコ " secco"』となった。売っているものは前とほとんど一緒だけど、味も内容も違う。私は、黒オリ−ブのパンが好きだった、オリーブがぶつぶつ入っていて美味しかった。今は細かくカットされたオリーブが気持ちだけって感じだ。お父さんは、栗のマカロンが好物でわざわざ他でバゲットを買ってもマカロンだけ買いにここに寄っていた。やはり、マカロンの焼き具合と膨らみが今ひとつで栗の味もかすかにするだけになってしまった。前を通ると昔と同じ様に配達の車とピンクとブルーの看板がありとても懐かしい。
f0031138_582846.jpg
f0031138_584764.jpg

[PR]
by hatokayo | 2006-09-08 17:56 | 美味しい話
line

パリ徒然、、、 写真で綴るパリ生活


by hatokayo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite